【体験レポ】B’z好きさん集まれ!という婚活パーティーに行ってみた

婚活のはじめ方

こんにちは☆Anjuです♪

 

クリスマス・・・・・

 

クリスマスという単語を聴いただけで、問答無用で私の脳内ではこの曲がエンドレスリフレインされるのです・・・・。

 

 

 

もう最高。マジで泣ける。

 

 

何を隠そう私Anjuは小学生で「BLOWI’N」というアルバムをゲットして以来B’zの超絶大ファンなのです。

 

Anju
Anju

実家のお風呂場ではいつも稲葉ボイスを出すために練習してたな〜(しみじみ)

 

そう、実はB’z好きが高じて「B’z好きさん集まれ!婚活パーティー」というものに行ったことがあるんです。

 

今日はその時を回想しつつ、感想を書いていきたいと思います。

 

数年前(3〜4年くらい前)に参加したパーティーなので情報が古いこと
(当時のメモを見返して書いています)
当時の主催会社も不明・・・というネタです。
「○○好きさん集まれ!」系の雰囲気を掴み取るためにご活用いただければ幸いです!
スポンサーリンク

いざ、出陣。

会場の場所は四ツ谷にあるイタリアンの料理屋さんでした。
雑居ビルっぽい狭い階段を登ったことを覚えています。

 

階段の途中から漏れ聞こえるB’zのBGM!!!←この辺でぐっと高まる気持ち。
楽しそうに笑い合う男女の声が印象的でした。

 

入るとまず受付をします。
名前を言って会費(確か2,000円くらい)を払うと、

 

「番号の書かれたシール」
「自己紹介カード」
「気になる男性をメモするための用紙」
「マッチング用紙」

 

を受け取ります。

 

 

「番号の書かれたシール」は服の目立つところに貼ります。
今日1日、この場での私の番号ですね。

 

 

「自己紹介カード」は、自分のニックネームとアピールポイントなどを書く小さい用紙で、男性と話すときにお互い交換して話題にするきっかけとして使うものです。

 

 

その「自己紹介カード」の一番下に、「あなたは稲葉派?松本派?」「一番好きなB’zの曲は?」という質問項目があって「B’z好きさん」の集まりっぽいな〜というのを感じました。

 

開始前の様子

男性10:女性10くらいの人数で、狭いイタリアン料理のお店はキャパいっぱいいっぱいな感じでした。

 

壁には主催者が気を利かせたのか、稲葉さんと松本さんの写真をカラーコピーしたものが貼られていたり、プロジェクターはB’zのライブ映像が流されていました(階段で聴いたのはこの音でした)。

 

高校の文化祭の延長のようなノリです。

 

Anju
Anju

そんな手作り感がアットホームで、内輪な雰囲気を醸していて一切緊張なし。いい感じ。

 

男性も女性も割と年齢層は高め
男性はみるところ30代〜40代、女性も30代の方が多かったです。

 

Anju
Anju

これは完全にファン層を反映しておりますね

 

私は結構ギリギリに着いたのですが、すでに受付を済ませた人たちが、受付でもらった番号順の席に座って歓談していました。

 

数名の男女のグループになって、ライブDVDを見ながら「このライブ行きました?」など話のきっかけになっていたので、婚活パーティーというよりファンミーティングなノリでした。

 

 

Anju
Anju

DVDを流すのは会話のいいきっかけになっているな〜と感じました

 

時間になると、主催者から声がかかります。

 

はじめに、ルールの説明です。

 

ルール説明

手元のメモによると、女性は席を動かず、男性が5分ごとに1席ずつずれていく仕組みでした。
10名いるので、トータル50分かかる計算です。

 

 

受付で渡された「気になる男性をメモする用紙」は、さすがに10人と話すと誰と何を話したかわからなくなるので、「メガネさん(32)、好きな曲は「BE THERE」」のように備忘録を書いておけます。(提出する必要はなし)

 

 

全ての方と話し終わると、シンキングタイム。
マッチング用紙にマッチングしたい男性の番号を書いて、スタッフに渡すという流れでした。

 

 

ちなみに、マッチングするとお互いの連絡先を交換できる・・・というものでした。

 

いざ、スタート!!

 

ライブDVDは流しっぱなしのまま、主催者の一声で乾杯し、スタートです。

 

 

一声とは・・・・

 

 

 

「生一丁(主催者)、喜んで〜(参加者)!!!!(※)」

 

 

 

(※)生一丁(なまいっちょう)、喜んで!とは・・・
B’zがライブ前にサポートメンバーら全員と舞台上で円陣を組み、「生一丁!(稲葉さん)」「喜んで〜!(他全員)」と気合いを入れる時の定番の掛け合いのことです。

 

 

 

さすが、B’z好きの集まり・・・誰一人欠けることなく「喜んで!」が出るところはさすがです。
そして掛け声と同時に笑いで盛り上がる店内。

 

トークタイム

ではここからは、私の当時のメモ書きから、気になる男性だけピックアップしてお届けいたします。()の年齢は当時の年齢です。

 

 

消防士さん(26歳)
最年少の参加者。濃くて太い眉毛が印象的。普段、男だらけの職場で出会いがないところ、このパーティーがあってB’zが好きなので参加してみたとのこと。口数は少なめ、笑顔が素敵。好きな曲は「BAD COMMUNICATION(000-18)
公務員さん(32歳)
メガネをかけ、穏やかそうな方。B’z好きというのは見た目からはわからないが、話し始めるとなかなかのオタクだった。デビューからのCDを全部持っていることが自慢。好きな曲は「ALONE
バスの運転手さん(39歳)
なんと都営バスの運転手さんとのこと。普段土日は仕事だが、たまたま休日だったため参加。背が高く角刈り。B’zファン歴は15年くらいとのこと。好きな曲は「愛のままわがままに僕は君だけを傷つけない」。

 

 

 

このお三方の情報しかしっかりとした内容のメモがなく、他の男性陣はあまり印象に残らなかった模様(すみません)。

 

とにかく、トークがどなたとも非常に盛り上がったことが印象深かったです。
自己紹介カードを交換しあって、お互いの好きな曲について聞き始めるので、話題には事欠きませんでした。
Anju
Anju

まさにファンミーティング(笑)!

レッツ、シンキング!

全員と話し終わり、シンキングタイムへ。

 

私は、やはり消防士くんかなと。
さわやかだし、何と言っても私も「BAD COMMUNICATION(000-18)」が一番好きということで二人でかなり盛り上がった印象があったからでした。

 

マッチング用紙をスタッフに渡し、カップルを発表する時間に。
マッチングした場合は、該当の番号組だけ呼ばれます。

 

どき・・・どき・・・どき・・・

 

 

高まる心臓・・・

 

 

そして。

 

 

 

 

「男性3番」(←消防士くんの番号)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の声(ぎゃーーー!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

「女性○番!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、私の番号じゃない!?( ゚д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、残念ながらカップリングならず!だったのでした。。。

 

 

 

****

 

 

 

 

その帰り道、仲良くなった女子2人と駅まで一緒に歩きながら話していると、3人とも全員消防士くん推しでした(笑)

 

一番爽やかだったし、そりゃ人気出るよね〜と笑い合いました。

 

カップリングはできなかったのですが、B’z仲間が増えてよかったな〜と満足した思い出です。
(今でも彼女たちとは繋がっています)

 

 

 

「B’z好きさん集まれ!」婚活パーティーに出て思ったことまとめ

良かった点

お互いB’zファンということで話が続きやすい。(無言で気まずい時間を過ごすことはない)
はじめから内輪な雰囲気でアットホーム。
カップリングできなくても、同じ趣味の同性の友人ができる。

気になった点

話題がB’zのことに集中してしまい、お互いについて知り合うには時間が短すぎた。
年齢層に偏りがあった。

 

総じて、わいわいして楽しかったけど、婚活パーティーとしてはお互い知り合う時間は短かったかな!?という印象です。

 

ただ、そこでできた趣味の合う同性の友人ができたのは大きな収穫でした♪

 

以上、Anjuでした♪

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♡

 

婚活のはじめ方
スポンサーリンク
シェアする
Anjuをフォローする
アラサー女子のための婚活必勝マニュアル

コメント