【もっと詳しく自己紹介】Anjuについて♡

おすすめ
ここでは、このサイトの運営・管理をしているAnjuの詳しい自己紹介をさせていただきます☆

東京生まれ東京育ち

悪い奴は大体トモダチ~♪という訳はなく

(このネタ、アラサーならわかりますよね!汗)

下町生まれ下町育ち、ごく平凡に両親に可愛がられてすくすく育ちました。

生まれも育ちも東京というと、上京してきた友人からは「都会っ子!なんかすごい(?)」と言われますが、全くそんなことはなく、かえって都会の喧騒を冷めた目でみつめるような子供でした。

遅くできた一人っ子

親は自営業の共働きでした。いつも小学校から帰ると誰も家にいないので、近くの児童館へ行ってまんがを読んでましたね。

(そこで読んだ篠原千絵の「闇のパープルアイ」としりあがり寿の「ヒゲのOL薮内笹子」は今でも脳裏に刻み付けられていますw)

テレビゲームとまんががお友達、な一人っ子でした。

中高は私立女子一貫校

公立の小学校を卒業し、女の園へ・・・。以降6年間、男性と接するのは父親と学校と塾の先生だけとなります。

そして、ついに大学デビュー!?

と行きたいところだったのですが(汗)、超マンモス大学に入ったため、あまりの男性の多さに目を白黒させるばかりでした。

同じ歳くらいの男子のビフォー(小学生)アフター(大学生)っぷりに恐怖さえ覚え、新人コンパの飲み会に参加しても端の席に座ってやりすごす・・・なんてこと多数。結局、体育会の部活に入り、文武両道な4年間を過ごしました。つまり、色恋沙汰とは縁遠かったのです。

そんなAnjuにもついに初彼が!!!

部活同期の男子でした。

当時、私は別の先輩が好きだったのですが、彼の猛烈アタックに根負けし、お付き合いを始めることに。

全くタイプではなかったので、正直不承不承という感じのスタートだったのですが、彼の人柄の良さに段々と心惹かれ、いつの間にか大好きになってました。

付き合って6年。社会人2年目に別れ・・・

大学1年からお付き合いを始め、大学を卒業し、私は金融機関で働くようになってからも続いていました。

その間、彼は公務員を目指して就職浪人をしていました。

私は、会社の仕事についていくのに精一杯となり、デートの時間も激減。

そのまま、彼の就職面接も本格化する時期になってほとんど会わなくなり、自然と別れてしまいました。

環境の変化が別れる理由というけど、本当だな・・・としみじみ感じた記憶があります。

彼氏いない歴5年。あっという間に29歳!

そして、月日が流れること5年。

本当にあっという間でした。

私は29歳になっていました。

部署も異動して遠方になり、年次とともに大きくなる仕事のボリュームと責任に追われていました。

土日は体を休めているか、趣味の歌の教室に行くなどしていたので、彼氏を作る暇はなく、ただただ日々を送っていました。

親も歳を取るし、このまま本当におひとりさまだったら・・・?と将来への不安と焦りが押し寄せ、夜眠れないこともありました。

決心!婚活はじめる!

私は自分と対話したところ、一人っ子ということもありこのまま死ぬまで1人ではいたくない!という気持ちが強いことがわかりましたので、婚活に踏み切りました。

怒涛の婚活パーティー → マッチングアプリに目覚める

婚活パーティーに行ったり、友達の紹介etc藁をもすがる思いでトライしましたが上手く行かず。

そもそも土日に無計画に動くのがしんどくなってきていたちょうどその頃、当時はまだメジャーではなかったマッチングアプリで知り合った人と会社の先輩が結婚した!!という衝撃ニュースを知ります。

それまではネットでの知り合い方に恐怖すら持っていた私でしたが、先輩の話を1から10まで聞き、ついにマッチングアプリ(ペアーズ) で婚活を通勤の合間にスタートさせたのでした。

(この様子は後日記事にて詳細に書きます)

そして、ついに運命の人ともいうべき、今の夫と知り合ったのです!

Anju
Anju

あまり、華々しくないプロフィールですが(笑)

こんな私でも幸せな結婚できたよー!

だからみんなも大丈夫!!!

ということが言いたいわけです。はい。

 

このサイトを見てくれているアラサー女子が、幸せになってくれることを心から祈りながら作っています☆

おすすめ
スポンサーリンク
シェアする
Anjuをフォローする
アラサー女子のための婚活必勝マニュアル

コメント